• 医師の求人・転職情報
  • 医師の求人・転職情報
  • 医師の求人・転職情報
  • 医師の求人・転職情報
  • 医師の求人・転職情報
  • 医師の求人・転職情報

なんと英語を使える看護師のお仕事は隠れた人気職?

イメージ

日本に在住の英語圏の方が病気に罹ったとき、やはり日本の病院に通院することになります。
そのとき英語でコミュニケーションをとれる看護師さんは頼りにされます。


 日本語を使えない人を看護する現場で必須

イメージ

看護をする上で医療過誤の防止のためにも、外国の方と円滑な会話ができる人は重宝されます。

病院の対応状況によりますが、患者と医師やOT・PTとの間にたって通訳となることもあります。

求人によっては来院者の約2割が外国人という病院もあるほど、英語が使える看護師の方は一定の割合で必要とされています。

 治験の経験があれば製薬会社でのコーディネーターがオススメ!

イメージ

看護師さんの職場は病院だけではありません。英語が使えて、治験(臨床試験)の業務経験に携わったことがあるならぜひ、外資系の製薬会社求人をご検討ください。

製薬会社といってもMRのお仕事をするわけではなく、治験関連施設にて治験コーディネーター(CRC = Clinical Research Cordinator)という職種に従事することになります。

内容としては治験に関する色々な事務的手続きや案内がメインです。

外資系ですので、英語を使う機会がありますし、看護経験を活かしたスムーズな臨床試験の運営に力を発揮することができます。

 メディカルのお仕事求人コラム

前の記事 看護師さんの単発バイトといえば、健診の求人

皆さんは健康診断に行かれますか? 健診の現場も、看護師の資格を生かしたお仕事のひとつです。

次の記事 大変だけどメリットもある看護師の夜勤専従者向けの求人

夜勤専従とは、お昼の時間帯の出勤がなく、夜勤帯のみ月9回前後を目安として務める勤務形態です。

  • ページの先頭に戻る